いまだに残っているハルシオンとレンドルミンの離脱症状や後遺症

今日のテーマは

5年前に抜いたハルシオンと去年の夏に抜いたレンドルミン

この薬を抜いてから今まだ残っている症状を上げていきたいと思います

こんなにあります。以下

緑内障
末端神経のしびれ
健忘症(近い過去の記憶喪失)
脱毛
慢性肩こり腰痛
偏頭痛
歯茎の痛み
気分の高揚と落ち込みの落差
息苦しい
爪が割れる
頻脈
軽い被害妄想
マルチタスク機能の低下
暗記力記憶力文章力読解力などの思考力の低下
コミュニケーション能力の低下
考えがまとまらない
パニックになる
アレルギー反応が増える
免疫力の低下
ほてり
湿疹
耳鳴り
過食と拒食
体感温度が鈍る
吹き出物(解毒作用)
頻尿
字を書くときの手の振るえ
食いしばり
過敏症(音に敏感になる)
集中できない
たまに内臓が痛い(体感幻覚)
変なところが潔癖症(手や髪を洗った気がしない)

人格が変わる


簡単に言うと
身体的な側面では虚弱体質になった事
神経も過敏になっている事

減薬したからといって

完全に脳は回復していないです

身体も後遺症が増えました。

離脱症状ならばいつか治まります。

一生かけても治らないのが後遺症や障害です。



【婦人科】

①更年期障害の疑い←婦人科検診で言われピルを処方されましたが、、、服用も通院もしていません。

②PMS←同じく婦人科検診でまたピルの服用を勧められていました。

③貧血←婦人科で鉄分のお薬を定期的に飲むようにいわれます。

婦人科のピルや貧血の薬に頼らなくても食事の改善で少しづつ良くなりました。

婦人科系の症状はよく減薬後に起きやすい後遺症の可能性があるそうです。

【外科】

①甲状腺機能亢進症(バセドウ病)←レンドルミンの減薬のときの離脱症状だと思いましたので、もう通院も処方されたお薬メルカゾールも服用していません。

メルカゾールなしでも、バセドウ病の酷い症状で、喉が腫れる、微熱が続く、むくみ、頻脈、動悸などの重い症状は減り、少しづつですが以前より改善しています。

②甲状腺機能低下症(橋本病)←甲状腺機能亢進症の疑い

メルカゾールの服用でホルモン値はいったん正常値まで下がりましたが、今度はホルモン値が下がりすぎてしまい、むくみ、便秘、寒がり、体重増加、だるい、など。
こちらの症状はメルカゾールによる離脱症状のときの一時的なものだったためホルモン値が下がりすぎたことによる
低下症(橋本病)だと思います。

今は外科には通院していません。

バセドウ病と疑われたのもレンドルミンを抜いたときの一時的な離脱症状だと確信しています。

【歯科】

①歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の疑い←歯茎の痛みを訴えって歯科を受診しました。

定期クリーニングを3ヶ月に一回(歯石取りと着色取り)は欠かせません。

②食いしばり←ナイト用マウスピースを作りました。

歯茎の衰えに関しては加齢や今飲んでいる精神薬の影響もあるので

定期的に歯科検診とクリーニングは欠かせません。歯に関して言うなら後遺症か副作用です

【眼科】

緑内障←眼科に定期的に通い眼圧の検査をします。

点眼薬を沢山もらい毎日朝晩点眼します。

完全な後遺症です。

【皮膚科】

アトピー性皮膚炎←皮膚科にいくと強めのステロイド軟こうが処方されますので怖くて行きません。

その代わりマメに清潔にすることや部屋の掃除や食事の改善でなんとか良くなりつつあります

これは免疫力の低下によるものとやはり減薬後の後遺症だと思います。

【内科】

①腎盂腎炎の疑い←ハルシオンを抜いてからしょっちゅう風邪ではないのに高熱が出たため内科へ行きました。

しかし解決しないため通院も服薬もやめています。

今は風邪やインフルエンザ以外での高熱はもう出なくなり落ち着いてきました。たまに疲れたときや、寝不足でも高熱が出ます。

これもハルシオン減薬後の離脱症状だと思っています。

②心臓や肺が痛い。←検査はすべて異常なし。

いつも味わう怖い体感幻覚(身体の上に虫が這っていると感じたりする、さわさわする、背中がちくちくする、内臓が痛む感じがするなど、、。)です。

これも離脱症状のひとつです。

今はもうそんなに痛いと感じることは減ってきています。


【精神科】

精神薬を減薬したことで脳の神経がびっくりして満腹感がなくなったり、お腹がすいてるのかすら分からなくなります。

これも減薬後に起きやすい症状のひとつで一時的我慢するとよくなる離脱症状です。



①摂食障害←離脱症状だと確信していましたので症状を伝えていません。

食欲がないといえば食欲が異常に出るジプレキサ(異常に食欲が増す薬です)

食べ過ぎて困っているといえば食欲を軽減する薬として出されているエビリファイ(そんなのは嘘っぽいのですが)

のどちらかが増えると思います。

こんな症状もいつも減薬後に起きる症状です。

主治医には今でも軽く過食気味ですがそのことなどは一時的な離脱症状だと自覚しているので伝えていません。

(何とか自制がきく範囲なのと、緩やかですが少しづつ改善はしてましたので確信しています。)

②パニック障害←抗うつ薬、向精神薬が増えるだけですので訴えていません。

正直に訴えると、

興奮をおさえるリスパダール

不安を和らげるワイパックス

のどちらかが頓服で処方されるかと思います

必ずといってもいいほどべんゾジアピン系の向精神薬の減薬後におこる症状です。

パニック症状や被害妄想や不安感がおこりやすくなります。

これは殆どの減薬をされている方が経験しやすい離脱症状の症状だと思います。

そのうち治まりますので、自分なりの対処法を見つけていました。

この辺は自分で熟知しないと分からないと思います。

これは、『減薬したときにおきる不安感だ』とか、自分で自覚し気づければいいのですが、

実際のところ難しいです。減薬日記をつけると自分の離脱症状がどんな症状だったのか分かると思いますので

日記をつけることをお勧めします。

また、過去に減薬してどのような症状だったかを身近な人、パートナーに

そのときの状況を聞いてみると分かりやすくなるかと思います。

自分とうまく付き合いながら、不安感や軽い被害妄想は

自分でコントロールし自制したり、気分転換で対処するなど

自分で自分の気分障害に慣れるしかないと思っています


【減薬されている方への注意書きと、まとめ】

だいたい精神科ではお薬がなくなる前に受診されると思います。

調子がとくに変わりなければ大概どこの精神科でも月に一回の診察が基本です。

そのたびどこの主治医も、

『調子はどうですか?』と必ず聞くと思います。


主治医は調子はどうなのかを知りたいわけではなく、

薬は合っているかどうかが知りたいのです。



私の場合、受診では多くの情報を伝えていません。

いかに精神科の対応が怖いかが減薬体験をしている経験上分かってしまうからです。

絶対辛くても安易には伝えていません。

かといって過度な症状については我慢しないで正直に伝えるときもあります。

我慢や無理はストレスになります。ストレスは再発の引き金になります。

これは離脱症状だ!と知ることはとても大事です。

肝心なのは伝えていい症状と伝えなくてもいい症状を理解する事です。

これから減薬をする方ならある程度薬の知識だけでなく

自分の身体の体質や過去の離脱症状の記憶などの情報もしっかり知る事はとても重要なのです。

訴えたところで何も解決しない症状、伝えなくてはいけない症状などを、

自分自身がきちんと自分を知る必要があります。

人格に関して言うならば人それぞれ違うと思いますが、もともとある自分の性格や特徴的な個性が強調されたようで、

以前よりも空気が読めない、気分屋、わがまま、神経質、完璧主義、より潔癖にもなり過敏症になりました。

要領も悪くなり、アスペルガー、自閉症的な部分がますます大きくなった気がします。


体調が悪くて違う病院へ通うことで解決する事もありますが

離脱症状の場合は薬は必要ありませんし。

要らない薬が増えてますます悪化するのを避けるため

また薬害に合われることを避ける為にある程度自分が熟知しなければいけません。




他の病気を疑われればいとも簡単に血液検査やレントゲンなど高額な検査を簡単にさせられてしまいます。

どこの病院でも一度病気と扱われれば通院して処方された薬を服用するように言われてしまいます。

その症状がもし離脱症状なら、通院しても病気ではなく離脱症状なので何の解決にもなりません。

多少つらいときもありますがあまり病院には頼らない事をお勧めします。

精神薬をひとつでも減薬したことがある方は過去自分がどういう症状が出たのかを

良く思い出してみてくださいね。

ひとつ減薬するにあったっても大変であることはもうご存知かと思いますが、


私のハルシオン減薬とレンドルミン減薬でも

未だこんなに辛い離脱症状が続いているのは事実です。

障害や後遺症も残りました。

普通の健常者なら障害、病気で普通に通院するレベルです。

それでも前向きに長期戦ですが頑張っていきます!


リスパダール、デパス、ソラナックス、アキネトン、ハルシオン、ジプレキサ、ワイパックス、レンドルミン、リーマス、コンスタン、パキシル、ユーロジン

今まで減薬してきた薬たちです

そのたびに私は体調も人格もおかしくなり入退院をくりかえしています。

救急車も何十回乗ったのか分かりません。

私の30歳から36歳あたりまで減薬しては入院ばかりしていました。寛解して5年。

もうすぐ41歳になろうとしています。

やっと三分の一の量で落ち着いて寛解といわれますが、

上に書いた沢山の症状や後遺症があるのです。(健常者さんなら『持病がたくさんある人』ですよね)

減薬は10年でも普通だと思っています。

長期戦で当たり前です。麻薬となんら変わりないのですから。

これから減薬される方へのお願いです!

あきらめない事と我慢することは違います。

減薬すれば絶対に脳機能や身体が完全回復すると思っているなら大間違いです!

後遺症が残る可能性があります。

どういった障害、後遺症がでるかは人それぞれで個人差もあります。

減薬で無理だけは絶対しないでくださいね。

ますます違う障害のお薬や副作用止めなどお薬の量が増える事も否めませんので。

私がなぜここまで主張するのか、、失敗した方も見てきているからです。

減薬について調べて、薬についていっぱい知識があった方が減薬をしてますます悪化したり、お亡くなりになっている人たちをいっぱい見てきているからです。



後遺症か離脱症状かは分かりかねますが体調が悪化しお亡くなりになりました。

減薬は本当に慎重にしている方ですら

いつどうなるか、、、。分かりません。

もちろん減薬はしないよりは、した方がいいと思いますが

ある程度リスクもあるという事をしっかり考えて自己責任でおこなってください。

精神科医が減薬をしたがらない。責任を取れないなど。

むしろ効かなくなったら強めの薬を増やす、、、という理由はここにもあるのでは?

と思います。

今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。








減薬の難しさと減薬の本当の恐ろしさ

今服用している薬
平成28年8月31日処方




もうこんなに強い睡眠薬を飲んでいるのに、
中途覚醒しています。

もとい
中途覚醒ではないかもしれない。

普通なら睡眠時に中途覚醒してもまだ眠気があるので、日中眠気があるのが普通ですが、私は昼寝すら出来ない。

(副作用の眠気とは)
日中まで睡眠薬の効果が残ってしまう事を「持ち越し効果(hang over)」と言います。

怖い事に副作用の眠気がありつつ日中もお昼寝して対処しようと試みますが寝れない感じです。

仕方ないからずっとずっとずっと半分睡眠時と覚醒時の中に起きています。

半分覚醒?
半分夢心地?

まだ症状の自己認識があるくらい。

深夜に目覚め仕方ないから横になって
半覚醒状態でゴロゴロ…。
ずっとずっと寝たいのに寝れない。
という事です。

副作用の眠気の持ち越し効果(hang over)すら対処出来ないと私自身が日に日に実感しています。

これはどういう事態かというと、

お薬の耐性がついてしまったためと考えられます。

その話しをもし正直に担当医に相談します
すると、

更にお薬が増える

最期は薬漬け寝たきり

廃人そのもの



本当です。
10年の間に何人も私は精神科でこんな人をいっぱい見てきました。

いつか私もそうなる。分かります。

自分でもすごーく怖いです!

このままでいいや。
もう、延命しないで。
そう思う自分もいます。

そして、

今出来る事を今出来るうちにしたい!

そう思いながらも生きて、

今もそんな思いでブログを書いてます。

精神科の治療法ってただの、

『延命治療』だと思います。

最近本当に薬も効きが悪いと分かります。

9時に寝てもまた1時か2時に目が覚めます。

去年から半年くらいまでは6~10時間睡眠でした。だんだんと5時間、4時間、

最近本当に

『うわー、まだ1時?2時?』

『寝なきゃ』

と焦ります。

8月あたりから少しずつ眠れないです。

このお薬の特徴は半減期(おくすりが効いている時間)が

ベンザリン5mで24時間
ロヒプノールで7時間

ロヒプノールはベンゾ系の睡眠薬の中でも最強ドラックです。
耐性がつきやすく依存性がある海外で違法なドラック扱いです

次の外来でなんて先生に言えば良いかを迷っています(>_<)

『減薬したい』と言えば簡単に『減薬治療』がはじまります。

みんな誰もがすごーく減薬したいと思います!

私は正直もうこれ以上飲みたくないのが本音です。


スパッと全部の薬が止めれたらと、いつも思いながらも仕方ないから飲んでいます。

本音は減薬したいですと先生に言いたい!

でもすごーく怖いんです(>_<)

本当に、、、

簡単に減薬をすることが怖い理由は私の体験談をもとに説明しますね。

逆に正直に

『最近少し睡眠時間が短くなって日中も眠くないし疲れが取れない』

と、言えばどうなるか。

また薬がドーンと増えることはお決まりです

先生に正直に言うと、
必ずどこの精神科の先生も同じような事を言うと思います。

『とりあえず頓服出しますね。調子が悪いときは、いつでも来て良いですよ』


本当は減薬したいと言いたい。


しかしとても怖くて言えません。

このロヒプノールを飲み始めて1年
6時間くらい

4時間くらい

3時間くらい。
頓服にはあまり頼りたくないですが全く眠れないので、毎日飲んでます。


このベンザリン5m 2錠、←詳しくはこちら(ベンザリン)

頓服ロヒプノール錠 ←耐性がつきやすく依存性が高い危険な薬

です。

こんなに飲んでいるのに、、、

って。

前にブログに睡眠薬の話しについて触れました。

もうこんなに怖い薬が効かなくなってきたよー(>_<)って思っちゃう

更に更に

前にもお話ししていましたが、

精神科のお薬は全部

麻薬です

厚生省が認可したらどんなに危険な薬でも合法ドラック、

つまり、覚せい剤、脱法ハーブ、も合法化され認可されれば

医療麻薬

となります。

医療麻薬は合法なので製薬会社さんは病院に売ることができます。

私達が知らないだけで、

製薬会社は全部、薬の添付文書には、
これは鬱になる、自殺念慮、攻撃性がある、耐性がつきやすく依存性がある、この副作用は約70%の人に見られるとあらかじめ書いてます。

最初から知ってるんです!

小さくどこかに書いてあるので詐欺商売ということですね。

開き直って売っている訳です。

ロヒプノール錠ってベンゾ系の睡眠薬の中でも最強です。

例えるなら、

ヘロイン、MDMA?、LSD?よりもたちが悪いと言われているくらいです。

私は覚せい剤や脱法ハーブやヘロイン以上の薬を飲んでいるのと何ら変わりません

皆さんがしらないだけです。

話し戻ります。

昨日の朝からまた少し

鬱っぽく、、攻撃的になり母と些細なことで口論になりました

私は自分が一番分かったようでいて、分かってません。

母に『なんか最近またはじまったかもね』

の一言です。(再発の前兆のことをはじまったかもねと言ったと思います)

私『え、なにが?』

から急に私でもわからないのですが、ヒステリックになりました。(>_<)

私は減薬して少しずつ治したいと思っていただけにショックでした。

どれだけ減薬が難しく酷い実態なのかを私の体験談で少しでも参考にしていただければ幸いです。

私はもう来年は私じゃないかもしれない。

本当にそう思います。

だけどなぜ薬をやめようと思っても難しく怖いとおもうのか?

また、症状を正直に訴えても

地獄でしかない。

その話しをします。


【減薬の恐ろしさ】

2014年冬の私。

精神科専門の病院から普通の総合病院の精神科へ移ってから

今の担当医に『日中眠気は?』

と聞かれ

『あります。ボーッとして友達もいないのでずっとずっと家にいます。家事は気が向いたらしてゲームして遊ぶか一人で食っちゃ寝してますね』

とか、なんとなく言った事があり

担当医『お薬が日中まで残っているので眠気があるのは仕方ないですよ~』

私『はい』
(あー、ダラけてるだけだよきっと)←心のつぶやき

担当医『そろそろすこしずつでも様子を見ながらお薬を減らしていきましょうね』

私『はい』
(ハルシオンやめれたんだからきっと大丈夫だ)

私『よろしくお願いします』

となり、

眠剤の何だったのか覚えていませんが、一つだけ抜いて様子を見ることにしました。
(レンドルミン1錠だったかと思います)

【またまた離脱症状】

肺や心臓が痛くなり内科へ行きました。とっても苦しく締め付けらて不安でみてもらいましたが、レントゲンは撮ってみたものの『何にも以上ありません』と言われました。

今思うと、離脱症状だと思います。

一番怖い離脱症状の幻覚、幻聴、

一番怖い離脱症状の幻覚だと思います。

例)
幻覚
幻覚には幻視・幻聴・幻味・幻触・幻嗅・体感幻覚などがありますが、五感で実際にないものを知覚してしまうが幻覚です。

みんなが悪口を言っているのが聞こえる(幻聴)

腐った肉の味や青酸カリの味がする(幻味)

誰かになでられる・肌の上を虫が這う(幻触)

食べ物から毒の臭いがする(幻嗅)

骨が崩れる・脳みそが溶けていくと感じる(体感幻覚)

などがあります。

私はその体感幻覚

です。

他には被害妄想でとにかく不安になりました。ひたすら泣いて怯えて不安で不安で部屋でガタガタに震え泣きながら寝れなくなりました。

自分は身体中が痛いし、しびれているのに内科ではなにもしてくれない!

おかしい!と思うと不安で
心拍も早くなり不節制にもなります。
ろくに食事も摂れないし、
ずっと寝れなくなりますので
激やせして体調を崩しやはりハルシオンの時と同じように吐き気、めまい、不安、発心、動機、頭痛、腹痛、しびれ、高熱、むくみ、頻脈、内蔵の中がズキズキ痛い(体感幻覚)

になり、また再入院します。

頓服はイヤでしたが耐えられずワイパックスです。

もう無理だと思い自ら精神科の外来に行きました。

症状を訴えて速攻着の身着のまま入院させられました。

担当医に念のため点滴をしてもらい血液検査をしてもらいます。

血液検査のホルモン値が異常に高いということで、新たな病気?と疑いがかけられました。

(血液検査の結果)

私は、入院中に
外科へも回されいっぱい検査を受けました。
外科の担当医に

『甲状腺機能亢進症ですよ』

と、言われました。

私は『え?』『は?なんて?』

具合は悪いし頭は真っ白でパニックでしたから、、、。私の頭の中は

ハテナでいっぱいです

違う呼び方では、バセドウ病

だと後で聞かされました。

『原因不明の病気で何百人に一人の難病』
と、言われ

喉辺りの甲状腺が腫瘍(悪性か良性かは摘出しなければわからない)か水が溜まっている為に腫れて体調も、頻脈、暑がり、動機、高血圧、キリがないので省きますね。
前回ブログに詳しく載せました。



そして、精神科に入院しながら外科にもお世話になりました。

ホルモン値があまりに高いので死の一歩手前までに達していたらしく、看護師さんも担当医も大慌てして、私は点滴と熱さましと脈拍を測るような、事態になりました。

(ハルシオンの離脱症状と一緒じゃないか?)
約一週間耐えました。

右腕と左腕は点滴の跡でいっぱいに。

【バセドウ病?離脱症状?】

もう、訳がわからなくなりました。
私はでもどこかで離脱症状だと思いたくて仕方なくて、また担当医や看護師さんに噛みつきます。

私『バセドウ病?とまだ決めつけないでください。また外科に行っていっぱい検査をするなんて嫌です。』と、、、。

【私はバセドウ病?】

外科の担当医がホルモン値を下げる薬を処方します。

半分生きる希望を失ないました。

(私はバセドウ病?難病じゃん。)

途方に暮れてもう脱力感でいっぱいで涙すら出なくなっていました。

【子供からの突然の手紙】

入院して本気で死ぬことを考えていました

母が面会に来ても
『大丈夫』としか言わず。

と、ある日突然

母が何も言わず、面会で一通のお手紙を私に渡して帰りました。

子供からの突然の手紙でした。

【手紙】

当時、中学三年生の長男からです
『母へ』
元気?コッチはみんな元気だよ。。。
内容は受験のこと部活、兄弟。の近況でした。

『今何してるの?』

『とりあえず、元気で頑張ってよ』

『メンタルッ!』


野球の試合の長男と次男の写真が入っていました。


私は馬鹿だ。(>_<)

涙がとまりませんでした。

自分はどうなってもいいと思っていた自分がいかに、自分勝手で我儘なのか気づきました。

ゴメンねとひたすら泣いてました。

初めて病気と向き合うことに

ようやく決心しました。


あの手紙が届いていなかったら私は本気で命を絶っていたと思います。

【バセドウ病?の治療薬】

メルカゾールというホルモン値を下げる薬を飲み始めました。

バセドウ病は甲状腺機能亢進症といって喉のあたりにある甲状腺に腫瘍が腫れて、ホルモンを分泌する部分のホルモンが過剰に分泌されてしまう為、メルカゾールという薬で正常値に下げて、様子を見ます。

それでも正常値にならないときはレーザー治療法や全摘手術します。

私はメルカゾールという薬でひたすらホルモン値を下げて正常値に戻り、ようやく落ち着いて退院しました。

【再入院】
私は精神科にも通いながら外科にもお世話になります。

精神科の方は減薬成功という形になりました。

ある日突然浮腫みはじめ寒くて寒くて仕方ない日が続いてまた体調が悪化。

メルカゾールがホルモン値を下げて正常値に戻り体調は万全と思いきや、今度はホルモン値が異常に低くなりました。

外科医は『甲状腺機能低下症』(別名 橋本病)の疑いだと言いまた検査。

もう、私は本気で離脱症状だと確信していたのに。

また甲状腺機能低下症=橋本病の疑いだと病気にされました。

私の見解は減薬の離脱症状が現れただけで正常値に戻り体調が良くなってただけだと思います。

しかし外科の担当医にいっぱい説明しても私は精神患者の統合失調症の話す内容に、何一つ耳を傾けてはくれません。

恐らく外科医も悪気はないと思いますが、
『とりあえずメルカゾールやめましょう』

となります。

様子を見の検査入院ということなのに、私は外科ではなく精神科に入院させられました。

以上。

こういった事があり私は外科の担当医には申し訳ないのですが

それ以来通っていません。

もちろんメルカゾールも飲んでいません。

今ではバセドウ病ではなく離脱症状だったと私は思いたいです。

(退院後)
外科に行かなくなってから

○バセドウ病の微熱が続く、頻脈、下痢、他

○橋本病のむくみ、低体温、便秘、他

はなくなりました。


前置きが長くなり過ぎていつもすみませんm(__)m

正直なところ

減薬が怖いです。
病気にされてしまう可能性もあるからです。

今、ロヒプノールなんて海外では取扱かっていないと思います。

脱法ハーブ、ヘロイン、覚醒剤よりもたちが悪いのが精神科のお薬だとようやく日本で、主張する方もいらっしゃいます。

前回の記事のリンクに詳しくバセドウ病の症状を載せています。
↓↓↓↓
バセドウ病の症状とは、、、












プロフィール

ちー☆

Author:ちー☆
統合失調症を患いながらも前向きに頑張る日常をマイペースに綴ります。


FC2ブログランキングと人気ブログランキングの2つに参加してます!良かったらポチッポチッとよろしくお願いします。
↓↓↓↓



アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。